借地権も遺産に含まれる財産権です。ですが何らかの理由で相続をしたくないと考える人もいます。例えば、遺産の総額よりも負債の総額の方が上回っている場合などです。相続することで相続人が不利益を受けるような場合は相続放棄の手続きが取られるのですが、相続放棄をする際には全ての遺産の相続を放棄することになります。借地権だけを相続しないで、他の遺産は相続するというようなことはできません。

また相続の放棄は原則として、相続が発生した時から3ヶ月以内に行なわなければなりません。過ぎてしまうと放棄ができないことはないのですが、認められるのはあくまでも例外的な場合のみで、放棄が認められるかどうかも裁判所の判断に委ねなければならなくなってしまうので、期間の中で行なっておくことをおすすめします。

借地権の相続については、借地権者がなくなるなど自然に起こるものであり、難しく考える必要はないのですが、相続に関する知識や借地権に関する知識がないまま行うことで、地主との間でトラブルに発展することもあります。相続税の計算や借地権の承諾料などの費用の計算など複雑な知識も必要になることから、借地権の相続などに関しては、専門家へ依頼することでトラブルを避け、スムーズに相続を行うことができるのではないでしょうか。