借地権は、単純に相続人に相続する場合は土地を貸している地主の許可がなくても相続することができます。ただし、親ではなく、例えば、叔父や叔母などから被相続人が遺贈を受ける際には、地主の承諾や承諾料が必要になります。借地権の遺贈の手続きとしては、まず承諾請求を地主に対して行います。承諾を得ることができれば、移転手続きを行います。万が一地主の承諾を得ることが出来なかった場合は、家庭裁判所への申し立てによって地主の借地権譲渡の承諾に代わる許可を得ることができ、申し立てが却下された場合は承諾が得られなかったということになるので、遺贈することはできません。また承諾された場合に地主に支払う承諾料の相場としては借地権価格の10%程度となっています。また借地権を相続した時に契約が終了するというわけではないので、契約更新の手続きは必要ありません。

親から相続人である子どもが相続をする場合、兄弟、姉妹など相続をする人が複数人いつ場合、叔父や叔母などから被相続人が相続をする場合、相続を放棄したい場合など、このように単純に相続人に相続する場合や被相続人が遺贈を受けることで地主の承諾が必要な場合など、ケースによっては相続がスムーズに進まないこともあります。そんな中で貸主と借主の間でトラブルが起こることもあります。借地権を相続する際には、様々な理由から建物の名義を変更しなくてはならないのですが、こういった時に地主との間でトラブルに発展するケースが多くなっています。こうしたトラブルを避けるためにも、借地権の相続に関しては知識のある専門家に相談することをオススメします。

参考:借地権相続の相談-ピタットハウス