地主から土地を借りて、建物を建てその土地を使用する場合、土地を使用する人の名義は借りる人です。ですから、借地権とその土地に建っている建物の登記の名義は同一人物であることが前提になります。借地権と建物の登記の名義が一致しないああ位は、転貸や譲渡にあたるので、地主の承諾を得る必要があります。

ですが、この名義の同一というのが、相続した借地権に起こるトラブルの要因であり、相続した借地権と建物の登記の名義が違うまま土地を利用してしまうことで地主と借主の間で大きなトラブルに発展してしまいます。

借地権と建物の登記の名義が異なりやすいケースとして挙げられるのが、親子で土地を利用する場合です。例えば、父親が借地契約を結んだ土地に、子ども世帯と同居をするため、これまで住んでいた建物を取り壊し、息子名義で新築の家を建て替えるという場合です。借地権の名義は父親、建物の名義は息子となるので、見方を変えると父親が息子に地主に無断で土地を貸しているとなってしまいます。

地主の許可なく借地権と違う名義で建物の登記を行った場合には、土地の無断譲渡にあたるので、契約の際の無断譲渡禁止条項により、債務不履行で契約を解除される可能性が高くなり、土地を借りている側が非常に不利になってしまいます。